映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
アリス・イン・ワンダーランド
タイトル  : 「アリス・イン・ワンダーランド」    2009年 アメリカ
監督    : ティム・バートン
キャスト  : ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ

アリス

実家の福岡に帰省しました。
実家に帰るとものすごいダラダラ過ごしてしまう。
相変らず、食べ物安いし、美味しいし
住みやすい福岡の街はいいなぁと思いました。
博多弁に心がほっこりする。

そして暇なのでツタヤに行きました。

アリスの原作も子供の頃から何度か読みましたが
良く理由の分からないカオスのようなストーリーが記憶に残ってました。

映画はカオスもありつつ、
ディズニーらしく、正と悪の戦いの構図で
スリルあり、映像がカラフルでまあまあ面白かったです。
別に3Dじゃなくても楽しめます。

アリスがワンダーランドで学んだ人生哲学、
「有り得ないことを信じて、自分で決める」
人生で大切なことだなぁと感じた映画でした。

白の女王のアン・ハサウェイの身振り手振りが変で面白かった。
スポンサーサイト
Posted by なお
comment:2   trackback:0
[外国映画 そのほか]  thema:DVDで見た映画 - genre:映画
プリンセスと魔法のキス
タイトル  : 「プリンセスと魔法のキス」    2010年 アメリカ
監督    : ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ

プリンセス


久しぶりにディズニー映画見ました。
一番「美女と野獣」が好きです。

ディズニー映画らしく、かわいくない動物も
愛嬌あってどんどんかわいく見えていくし、
有り得ない体の動きを登場人物がするので、笑えました。

音楽もアメリカ南部ということで、ジャズだったり
カントリー調のものもあって、ノリノリになれました。

そして映像が本当に綺麗。
ディズニーの世界にトリップしてしまいました。

見終わった後はなぜか日々の疲れが吹っ飛んでました。
多分、あまりにもファンタジックな世界に
引き込まれものすごくいい気分になったからかな、と思った。

それにしても、どんな成功よりも「愛」が大切と
真正面から訴えるこの映画、受け流してみることも
出来るけど、シンプルで大切なことだから、
受け流さずに受け止めようと思った映画でした。

ストーリーはやっぱり「美女と野獣」のほうが
好きだけど、久々のディズニーでよかったです。


「美女と野獣」が見たくなった。
Posted by なお
comment:2   trackback:0
[外国映画 そのほか]  thema:DVDで見た映画 - genre:映画
赤い風船
タイトル  : 「赤い風船」    1956年 フランス
監督    : アルベール・ラモリス
キャスト  : パスカル・ラモリス, サビーヌ・ラモリス, ジョルジュ・セリエ,

赤い風船


少年と風船の友情のような話。
とても、ファンタジックで、
絵本を読んでいるような
感覚で、ワクワクしながら観ました。

風船の心がとても、男の子に忠誠で、
男の子も純粋で、観ていて優しい気持ちになれた。

結末は、すごくすごくきれい。
でも、大丈夫かな、ってハラハラで、こわくなった。

子供の頃に、この映画を観たら、
こわい、って思わなかったのかもしれない。
逆に、嬉しくてたまらなくなったかもしれない。

どうしてこんなにきれいな映像なんだろうと思った。

もう、好きだ!って思える映画だった。
またいつか観たい。
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[外国映画 そのほか]  thema:色あせない名作 - genre:映画
雨に唄えば
タイトル  : 雨に唄えば   1952年アメリカ
監督    : ジーン・ケリー, スタンリー・ドーネン
キャスト  : ジーン・ケリー, デビー・レイノルズ, ドナルド・オコーナー


sing.jpg


ハリウッド人気スターとコーラスガールとの恋、
そして、下積み時代から一緒だった友人と一緒に
ミュージカル映画を作っていく過程を描いミュージカル傑作。

恋だけではなく、サイレント映画からトーキへと、
映画を作っていく過程も面白く描かれているので笑いました。

出演者のタップダンスと歌が圧巻で、とても素晴らしかったです。


知っている名曲を改めて映画通して聴くと、新鮮でした。
映像と歌と登場人物の感情がマッチしていているから
感情が高ぶるんだと思います。



「Singin' in the rain」は、色々な人がカバーしていますが、
元Cymbalsの土岐麻子さんのカバーしているものも好きです。

STANDARDS gift~土岐麻子ジャズを歌う~STANDARDS gift~土岐麻子ジャズを歌う~
(2005/11/09)
土岐麻子




土岐麻子さんが名曲をアレンジして歌うCDは上記含め3枚発売されています。
3枚ともすごい好きで、発売当初に買って、それ以来飽きません。
必ず時々聴きたくなります。夜に聴くと気分良く、お酒飲みたくなります。

上記アルバムはそのうちの1つです。

こちらの収録曲は以下。

Singin' in the rain
Norwegian Woods
You make me feel brand new
It doesn't mean a thing
My funny Valentine
Tea for two
Break out

ビートルズのノルウェイの森「Norwegian Woods」のアレンジが
ピアノとリコーダー等で行われていて、かつ、ジャズなので、
かなり原曲と違いますが、雰囲気がすごい良くて好きです。

Posted by なお
comment:1   trackback:0
[外国映画 そのほか]  thema:色あせない名作 - genre:映画
午前十時の映画祭と心に残る映画
午前十時の映画祭 ~何度見てもすごい50本~

gozen.gif



1950~1970年代を中心に外国映画を厳選し、
全国25の劇場において毎日上映するという試み。
1作品、1週間の上映サイクル。
開催期間は2010年2月6日~2011年1月21日まで。

キネマ旬報とフライヤーで、
この映画祭について知りました。

http://asa10.eiga.com/cinema/


作品は一般からの投票と選定委員によって50本選ばれているそうです。


50本の中で、今まで観たことのある映画は、

アマデウス
スタンドバイミー
ニュー・シネマ・パラダイス
フィールド・オブ・ドリーム
ゴッドファーザー
ベン・ハー
アパートの鍵貸します
ウエスト・サイド物語
ロミオとジュリエット
ローマの休日

の、10本のみでした・・・。

他にも有名な作品が出てきます。


素晴らしい映画や、これまで観たことのないうな、
映画に出会えたときは、
自分の人生が、豊かになれたような感じがして
すごく嬉しいので、
この映画祭もきっかけにして
自分の心に残る映画を増やしたいと思います。



もちろんこの50本以外にも、観る方それぞれにとって
心に残る、素晴らしい映画があると思います。


あと、選定された50本には含まれていないのですが、
「素晴らしき哉、人生!」 は最近観たい映画の中の1つです。

すばらしきかな


それは先日観た「チェンジリング」で
主人公があるシーンで、
「『素晴らしき哉、人生!』がアカデミー賞をきっと取るわ」
と言っていたから。


この映画を観ていれば、「チェンジリング」のセリフも、
更に心に感じるものがあったのでは、と思いました。


午前十時に映画館に行くのは、
なかなか難しいですが、
今後も少しずつ、DVDでもよいのでチャレンジしたいです。




Posted by なお
comment:4   trackback:0
[外国映画 そのほか
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。