映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
パイレーツ・ロック
タイトル  : 「パイレーツ・ロック」    2009年 イギリス
監督    : リチャード・カーチス
キャスト  : フィリップ・シーモア・ホフマン、トム・スターリッジ、ビル・ナイ、ウィル・アダムズデイル、ケネス・ブラナー

パイレーツロック


昨日、歩いていたら、土曜ワイド劇場の撮影が行われていた。
撮影現場って普段見ないから、ワクワクした。
一度でいいから、松ケンか加瀬亮の撮影現場に遭遇したいと思った。

映画の感想。

ストーリーは、ロックを流す海賊ラジオ局の話で、
ラジオで音楽を聴くのが好きな私は、
リチャード・カーチス監督の「ラブ・アクチュアリー」が好きだし、
1960年代のロックが好きだし、映画館で見逃していたこともあり、
とても期待していましたが、2時間半が長く感じてしまう映画でした。


ところどころ小さい笑いがたくさんあるんだけど、
その連続で、政府と海賊ラジオ局の対立も、
推測できてしまいそうな展開で、間延びしてしまった。


でも、やっぱり音楽は良い!と思えたのが良かった。
それに、「ロックンロール!」のセリフが決まっていてカッコよかった。
エンディングで、色んなミュージシャンの、
アルバムジャケットがバシバシと出てくるのも、楽しかった。


このティーンの2人が、かわいくて素敵でした。

パイレーツ



スポンサーサイト
Posted by なお
comment:4   trackback:0
[外国映画 コメディ]  thema:私が観た映画&DVD - genre:映画
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。