映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
ゴーストワールド
タイトル  : 「ゴーストワールド」    2001年 アメリカ
監督    : テリー・ツワイゴフ
キャスト  : ソーラ・バーチ, スカーレット・ヨハンソン, スティーブ・ブシェミ, ブラッド・レンフロ

ゴーストワールド


公式ホームページに「ダメに生きる」ってコピーがつけられてあった。

ストーリーは、
将来の目標も持たず高校を卒業した2人がうろうろと、世間を小ばかに
しながら生き、その中で、音楽オタクの中年男性と交流が始まることで
少しずつ、色々なことが変わってくる話だった。

よくあるさわやかで、笑えて、胸キュンする青春映画では無く、
むしろ鬱屈とした、10代特有のもやもやした感じとか、
嫉妬とか、イラつき方がリアルで、明るくはないけど
すごく興味深かった。
でも、個性的な登場人物の仕草とか色々面白かった。ブラックユーモアもあった。

女子2人の関係も、どんどん変わっていくから面白い。
イニード(ソーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)は
ものすごい仲がいいけど、レベッカはどんどん社会に順応していく。
イニードは真逆で、特別美人なわけでも無いし、社会には出たくないし、
子供のままで成長したがらない感じだった。
イニードは自分の良さとコンプレックスがごっちゃになって
自分というものが分かってないし、自分の程度を認められてない感じが、
ああ~経験したことあるなぁ、と思う。

最後、「必ず連絡してね」とレベッカがイニードの
手を握り言うところは、今後の2人の関係を暗示してるというか、
すごく切ないというか、何とも言えない気持ちになる。
この2人の友情は、ものすごく深いところでつながってる。

明け方のシーン、真っ赤な服を着て、
Not in Serviceのバス停から旅立つイニードが、
彼女の世界に消えていくようで、かすかに怖くさびしい。

勝手な想像だけど、
この映画には、本当に身近にいそうで
個性的かつ、独特の雰囲気がある登場人物ばかり出てくる。
特に、いつもバス停で座ってるおじいさんと、
イニードが尊敬するって言ってた音楽オタクの中年おじさんに
触発されて、彼女も、彼女自身の孤独な世界に行ってしまったようで
ずーんと重かった。

コピーの「ダメに生きる」っていうか、現実は辛らつだっていうか、
本当にイニードみたいになる可能性って誰でもある気がして
この青春映画は心に残った。これからも結構忘れない気がする。


監督が、DVD特典で「アメリカ文化の衰退を表現したい」みたいな
ことを言っていて、その言葉の意味が妙に説得力があり、それを感じる。

みんな、クラスの人気者みたいな人にはなれないし、
変わっていて、孤独で、それぞれの生き方がある。
救いようもないけど、仕方ないのかな。

これを10代の時に見たらどんな気持ちだっただろう?

でも、間違いなく、軽いノリの青春映画ではなく、
深く、現実味のある面白い映画だったと思う。





スポンサーサイト
Posted by なお
comment:2   trackback:0
[外国映画 青春]  thema:DVDで見た映画 - genre:映画
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。