映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
悪人
タイトル  : 「悪人」    2010年日本
監督    : 李相日
キャスト  : 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林

悪人1



原作を読んで観たので、ミステリー的な展開の結末はすべて分かってるから
ハラハラ感は無かったけど、小説が映像化されることによって
リアルな表情がえぐかったり、切なかったり、とても面白く観れた。

特に妻夫木君が首を絞めるシーンは、顔が獣のような感じで
怖くて、やっぱり演技が上手な人なんだなぁ。と思った。

感想は、結論が出るわけでもなく、希望が持てるわけでもないので
とてももやもやする。でも心が揺さぶられた。

「悪人なんですよね・・」

最後の光代が2人で灯台から朝日を観るシーンは景色も
2人の涙目の表情も清々しく切なく、悲しすぎる。



悪人って何よ、だれでも悪人の部分はあると思う。
悪人だから殺したんじゃなくて、原因があって憎しみ→瞬発的に殺すって
人間の心に潜んでる気がする。


自分も含め、人間の心って意地悪くて怖い部分あるな、って思う。


殺された満島ひかりのお父さん(柄本明)が、
「お前らは大切な人が少なすぎる、それを失うことを
バカにして余裕持って生きてればいい~」みたいなことを
言うセリフが引っかかった。


深津絵里も体当たりで素敵でした。

あまりにも孤独だと出会い系サイトで
出会って即、体の関係になってしまうのだろうか。

誰も絶対否定できないんじゃないかなぁ。


ドラマ『スローダンス』のさわやかな役柄だった2人からは
想像もつかなかい。このドラマ好きでした。

スローダンス








スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[邦画 ヒューマン
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。