映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
今日について
まだ、映画を観る気分になれない。
でも、モヤモヤするので、
これは映画のブログがメインだけど、
今日は日記を書きたいので書いてみる。


朝から掃除、洗濯、家計簿をつけた。
また、着ない冬服の整理をした。


昼ごはんを食べて、
来週から始まる仕事に備えて、
朝ごはんのストック用にホットケーキをたくさん焼いた。


本屋に行ってNHKラジオテキスト「英語5分間トレーニング」を買ってみた。
そして実際にラジオと一緒に声に出して勉強した。
そのあと、小説を少し読んだ。


福岡に住んでいる母親と電話して世間話をして笑った。


夜ごはんの準備をしてるときに
冷蔵庫からわかめを取り出したら「宮城県産」だった。

三陸海岸のわかめがおいしいからいつも買っている。
でもスーパーには今は売っていない。
NHKのニュースを見ていて、宮城の被災した人に
思いをはせて、涙が出そうになった。

それから原発事故のことを考えた。
事故対応している現場の人たちは、
東日本のために、日本全体のために、
自分を犠牲にして貢献してくれている。

それに対して、カンペを見ながらしゃべっているような
偉い人たちや、興味本位のマスコミを見ると腹が立ってしまう。
全員ではないけれど。

今だけの募金だけでなく、これから自分ができることはないか
考え、探す。

そしてこれからも、日本のために被爆を恐れつつ
作業してくれてる人や、辛い思いをしている東北の人の事を
思って祈ろうと思う。

そして、さっきくるりの「魔法のじゅうたん」を聴いた。
音楽には人を慰める力があると強く思った。
また落ち着いたら映画みたいな。







スポンサーサイト
Posted by なお
comment:4   trackback:0
[暮らし
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。