映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
世界にひとつのプレイブック
121206_sekainihitotu_main.jpg


自分がどん底だと感じているとき、その問題にどっぷり浸って
囚われるよりも、なんでもいいから夢中になれそうなことをやり続けると、
その問題を真正面から向き合わなくて、違う角度から見れるようになる。

そうすると、少し幸せな状態にステップアップ出来てるんだと思う。

問題の種類にもよるけど、ジェニファーのようにご主人を亡くす、
という、誰かを亡くした場合や健康を害する場合など、
自分の力ではどうにも解決できない問題から
解放されたり、癒されるのって、特効薬はない。
解決策は、きっと時間の経過や、問題に対する自分の意識の変化だけだと思う。

その中で、ブラッドリーに出会えたことと、ダンスが
悲しみの真ん中にいたジェニファーを救ったんだと思う。


ちなみに原題の『Silver Linings Playbook』の
Silver Liningsって、曇り空から見える一筋の光→希望の光って意味(らしい)で、
Playbookはアメフトの戦術書?だっけ。

悲しみの中にいる人たちが、それぞれに必要な出会いや
解決の道となる救い、一筋の光をつかめますように!

先月、父を亡くした私にも。



スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[外国映画 ヒューマン
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/112-8fefd6ba
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。