映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
人のセックスを笑うな 
タイトル  :「人のセックスを笑うな」
監督    : 井口奈己
キャスト  : 永作博美, 松山ケンイチ, 蒼井優, 忍成修吾

hitoseku2.jpg



私は、まったりしたい気分の時に、この映画が観たくなる。

原作の方が、恋の痛みが大きい気がするので好き。
でも、映画だからこそ伝わってくる雰囲気が、原作以上に好き。
コーヒーやココアの香り、夜の気配、真冬の空気の冷たさと、肌の温もりの感触、音楽…色々伝わってくる。

hitoseku3.jpg hitoseku7.jpg


ユリ(永作博美さん)の奔放さに憧れるし、時折見せる寂しい表情が好き。
ユリが常に着用のトレンチコートとトートバッグがかわいい。
ユリがラジオで聴いて口ずさむAngelは、聴くと一瞬で恋に落ちてしまう名曲。
堂本とえんちゃんの視点で観ると、また違って面白い。

hitoseku4.jpg

映画「人のセックスを笑うな」オリジナルサウンドトラック映画「人のセックスを笑うな」オリジナルサウンドトラック
(2008/01/16)
HAKASE-SUNMariMari


 

<余談 蒼井優と松山ケンイチ>

私はこの2人の俳優さんの演技が好きです。
どのドラマや映画でも、ガラリと全く違う、リアルで意表をつかれる演技。
その演技は「架空の人物」があたかも「生きている人物」かのごとく見える。
かっこよく魅せようとしない打算的じゃない演技だと感じる。

だから、そこまで演じきって大丈夫なのかな?精神的に追い込まれないのかな?
と勝手にハラハラドキドキ、緊迫感を感じるし、観ていて惹きこまれてしまう。

aoi.jpg  hitoseku6.jpg


2005年共演作 「男たちの大和 YAMATO」

この映画では、がらりと変わって昭和の戦時中の若者になりきっている。

私は戦争体験者ではないが、この映画から「戦争」について
改めて考えさせられた。

2人の表情と話し方が、とても辛く、心に突き刺ささる演技だった。

悲痛で切なくかわいらしい女性。
yamato2.jpg  yamato3.jpg

若い水兵。
戦闘シーンは、叫び声も動作も、本当に全てが凄まじい。
yamato.jpgyamato5.jpg


これからも、2人の出演作品で自分も何かを感じ取っていきたいし、
ずっと魅力的で味わい深い俳優さんでい続けて欲しい。
画面に釘付けになるほど楽しみたいなぁ。
スポンサーサイト
Posted by なお
comment:8   trackback:1
[邦画 青春]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
こんど観てみます。
原作が凄く好きで、この映画は観るのためらってました。
でも、面白そうだから今度観てみようと思います。

蒼井優はいいですよね^^
「リリィシュシュ」の時から凄くいいなって思ってたんですが、「花とアリス」を観てもう大ファンになっちゃいました。

2010/01/28 00:23 | | edit posted by lavel42
この映画
結構、好き嫌いが分かれる映画だと思いますが・・♪

蒼井優ちゃん!
私も「花とアリス」で魅了されました。
あんなにかわいくて、でも優雅に踊れる女優さんてなかなかいないですよね。
2010/01/28 16:57 | | edit posted by なお
こんにちは☆
今日記事にしましたので、良かったら読んで下さいね~!(ペコリ)
トラックバックが飛ばない事もあるので、URLにも入れさせてもらいました。

私も松ケン、蒼井優、好きです☆忍成君も好きです。
蒼井優は、若手女優の中で特別に好きなのです。
「フラガール」が一番いいと思います!

松ケンや忍成君は、特別に好きではないけど、好きな方で、
この作品はタイトルにギョッとしたけど、出演者に惹かれて見ました。

>堂本とえんちゃんの視点で観ると、また違って面白い。
同じ場面が違う意味を持ってビックリしそうです!

内容では、みるめ君の切ない気持ちにドキドキ・・・
会えなきゃ終わるわけではない、という最後の言葉に納得でした☆
2010/05/20 13:59 | | edit posted by miri
えんちゃんと堂本
こんばんは☆
コメントありがとうございます!
miriさんの記事読ませて頂きました♪
分かりやすくて面白かったです。

私はこの映画であがた森魚さんを知ったんですが、
他の映画でも観てすごい個性的なオーラが
出てて、気になる方になってしまいました。
怪しげな役とか似合いますね。


おっしゃるとおり、
みるめの切なさですけど、
ユリに夢中になって、振り回されて
周りが見えなくなってる雰囲気が、
物凄い伝わってきますよね。

しかも、みるめだけじゃなく、
えんちゃんも堂本もユリがきっかけで、
それぞれが振り回されてしまうし、
結構むなしい、さみしい思いしてるところが切ないし、
共感できる、というか経験したことのある切なさだなぁ。と観ていて思いました。

この映画の蒼井優ちゃんは本当に、みるめへの苛立ちが
手足のブラブラ感とか、つっけんどんな感じとか、
態度からも出ていて好きでした。

そして「フラガール」最高に素敵ですよね。
特に最後の涙を流しながらダンスするシーンは美しい・・・と思いました。

ちなみに原作は原作で違った面白さがあります!

熱く語ってしまいスミマセン。


2010/05/20 21:08 | | edit posted by なお
こんにちは。本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2010/08/02 18:11 | | edit posted by 藍色
こんにちは
初めまして
この映画は松ケンのファンとしては
たまりません。
原作も良いし、映画も原作に劣らず良かったです!
2010/08/05 18:23 | | edit posted by なお
こんにちは^^
今更ながらなんだけど、
コメするの忘れてたので^^

僕もこの映画すごく面白かったです。
これは男の子はかなり共感できるって云うか、
あんなことが年上の女の人とおこってしまったら・・・
ちょっと怖いくらいです^^

観ていてドキドキしちゃいました。

ひとつ「ええーー」って思ったのが、ユリの下着。
女の人ってストッキングの上からパンツ履くんですか?
そんな女の人と付き合ったことがないのでビックリです!

まぁ、ユリがもしいたら僕も夢中になってるでしょうね。
そして、今後ストッキングの上からパンツを履く女性に出会ったら、きっと一目ぼれしてしまいそうです。
2010/08/17 23:29 | | edit posted by lavel42
こんにちは~
観られたんですね!
1シーンごとが長くって私もすごい好きな映画です。
ユリは女性からみても不思議で魅力的な女性だと思います。
ストッキングはどうなんでしょうね~、よく知らないです苦笑。
この映画美術も素敵なので、また私も観たくなってきました~。
2010/08/18 17:24 | | edit posted by なお
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/26-0f9e9946
trackback
19歳のオレと39歳のユリ。 恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた。せつなさ100%の恋愛小説。 第41回文藝賞受賞作。 ...
| 粋な提案 | 2010.08.02 17:38 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。