映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
インスタント沼
タイトル  :「インスタント沼」
監督    : 三木 聡
キャスト  : 麻生久美子, 風間杜夫, 加瀬 亮, 松坂慶子, 相田翔子

インスタント沼

出版社に勤めていたジリ貧OLに不運が続く。
不幸のドロ沼に陥っていく彼女が自分だけの幸せをつかむコメディ。


観終わった感想。
正直あんまり面白くなかった。

心に響くセリフもいくつかあったのに。

ジリ貧OLハナメ(麻生久美子さん)の、
ハイテンションな叫び声が多くって、観ていて疲れてしまった。
生き生きと演じていてかわいかったけど…。

パンク青年ガス(加瀬亮さん)も、
パンクがあんまり似合ってなくてもったいなかった。
私は加瀬亮が好きなので、意外な一面を見れてよかったけど…。


色んなことが上手く行かないとき、
見えないものを信じて行動することで幸せを見つけることができる、と
この映画は伝えたかったのかなぁ。

今日は1つもいいこと無かったなぁ~、みたいな日に観れば、
また違った面白さがあるのかも。

ちなみに「純喫茶磯辺」の麻生久美子さんのほうが面白くって好き。






スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[邦画 コメディ]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/27-083c1ec7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。