FC2ブログ
映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
神童
タイトル  :「神童」   
監督    : 萩生田宏治
キャスト  : 成海璃子、松山ケンイチ、貫地谷しほり、手塚理美、西島秀俊


神童3






ストーリーは、
ピアノの才能に恵まれた中学生ウタ(成海璃子)と、音大を目指す浪人生ワオ(松山ケンイチ)が、
それぞれ抱えている悩みについて、お互いに音楽を通して心を通わせる。

観終わった感想。

思わず泣いた。
あまりにも音楽が素晴らしかったから。
今日の私の心の琴線に触れたんだと思う。

映画のテーマ曲でもある、「a ripple song 」は、たまらなく素晴らしい曲だ。


成海璃子はまるで、「魔女の宅急便」の「キキ」より追い込まれてしまった少女のよう。
それは、才能や特技が無くなったら、存在意義が分からなくなってしまう恐ろしさ。

それを見守り続ける松山ケンイチ。
2人は音楽を通して、心の奥深いところで繋がっていく。
言葉を話さなくても、「音」で繋がることができる。

一番居て欲しい時に、居てくれて、勇気をくれる人。
周囲のみんなが敵でも、いつも味方でいてくれる人。
この2人は、そんな時に、必要としあう関係。


最後のシーンで、映画のテーマ曲である「a ripple song」を2人は連弾する。
このシーンの2人の表情の素晴らしいことったらない!!

成海璃子の上品で美しい、満たされた笑顔。
それを、深い愛情で受け止める松ケンの優しい笑顔。

涙が出てくる。

神童2



淡々と、静かなんだけど、徐々にだけど、
ものすごく感情が高ぶる。うねる。涙があふれる。
久しぶりにこんなにも音楽に癒された。ピアノもやっぱり、いい。

そしてとどめを刺されたのはエンディング。
クラムボンのミトfeat.原田郁子による「a ripple song」。

これは、本当に本当に素晴らしい!
天にも昇りそうな唄声。

まるで、ライブやコンサートに行ったときに思わず涙が出てしまう感じと一緒だった。
音楽担当のハトリ・ミホさんも素敵。

フジロックとかの野外ライブで原田郁子さん、クラムボンの声を聞いて
あまりにも気持ち良くなってしまった時もよみがえった。

言葉はなくとも、音楽は人と人を繋ぐことができる。
音楽は人を癒すことのできる本当に素晴らしいものだ。とあらためて感激。
これはとてもいい映画だった。

成海璃子、松山ケンイチの両者のピアノは、
ちゃんと練習されているから、見ごたえあります。


「のだめカンタービレ」のような演出で、音楽を盛り上げるのも楽しい。
でも、「神童」は、あくまでも、2人のピアノ技術に脱帽する演出。
ちゃんと、2人が弾くシーンがいくつか、ある。
そこにリアルさが増されていて観ていて満足感が高かった。


サントラは多分買っちゃう。
「神童」オリジナル・サウンドトラック「神童」オリジナル・サウンドトラック
(2007/03/21)
サントラミト





ちなみに、
この映画の脚本は「リンダリンダリンダ」の向井康介さんでした。
松ケンのピアノ吹き替えは「のだめカンタービレ」も担当しているピアニスト清塚信也さん。


「リンダリンダリンダ」も好き。

スポンサーサイト
Posted by なお
comment:2   trackback:0
[邦画 ヒューマン]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
こんにちは☆
なおさん、とても遅くなりましたが、この前はプリンの作り方を教えて下さり、本当に有難う~!

今日、やっと作って、頂きました☆ 美味しかったです☆
とってもシンプルな味・・・シンプルな材料で、肩ひじ張らずに作ることができて、初めてプリン作ったのです、大感激です♪
これからも、たまに作ろうと思います☆ (思い立ってすぐに作れるところも、グーですネ!)

ところで「神童」この映画今日鑑賞しました。
松ケンだからレビューあるかな?と検索したらやっぱりでした。
とても感激なさったのね、サントラ買いましたか?

私は、なおさんのようにはこの映画には感動しなかったです。悪い映画だとは思わないし、松ケンも、主演の彼女も頑張っていて好感持てました。

多分監督のせいかな?と思います。最近の邦画でこれはちょっと・・・と思うといつもそういう感じ(知らない監督)なんです。きっとこれからの人だと思うから、毛嫌いしないで見て行こうとは思いました。(カメラドールもらっているし、河瀬直美作品の助監督していたみたいですね)

では長々とゴメンネ、そして、ホントに有難う~!
2010/06/19 15:43 | | edit posted by miri
こんばんは!
コメントありがとうございます。

「神童」ご覧になられたんですね!
私は結構好きでした~。
ちょっとストーリーのつながりが
よく分からないところもありますが、
まず松ケンが実際にピアノを少し弾いているので、
その頑張りぶりが、素敵っ!!ていうところと、
最後のエンディングの原田郁子さんが
好きなんですね。
もちろん、成海璃子ちゃんもピアノ頑張ってて
リアルな感じが良かったです。

ということもあり、しっかりサントラまでゲットしました笑~。

そして、プリン作られたんですね。
懐かしい味で、気軽に作れる感じが
やる気でますよね!

作って頂けて、しかも喜んで頂けてうれしいです~。

2010/06/20 18:41 | | edit posted by なお
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/33-70f3ba11
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。