FC2ブログ
映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
リンダリンダリンダ
タイトル:「リンダリンダリンダ」
監督  :山下敦弘
キャスト:ペ・ドゥナ, 前田亜季, 香椎由宇, 関根史織
ジャンル:青春


41NJ1K1XHTL__SL500_AA240_.jpg



女子高生とブルーハーツ!
この映画を観ると高校時代の細部まてよみがえってキラキラした。


途中、私にとっては、ゆったりとし過ぎて飽きるシーンはあったけど。。


高校生活を送っている真っ最中の彼女たちは、10代独特のかけがえのない時間を過ごしているんだけど、
多分かけがえないなんて思ってなくて、日々イライラしたり、悩んだりしながら過ごしているんだろうな。
だから、高校時代が終わってからこそ、甘かったり、苦かったり、大切な独特な時間だったんだな、と思える。


女子特有のけんか
友達との絆
部活や先生
文化祭という行事
好きな人へ告白
etc

これらの、青春特有の勢いがブルーハーツと共によみがえって、心をばーっとかきたてられる。
ライブにも行きたくなる。


ちなみに、松山ケンイチがペ・ドゥナに告白するシーンがすごい印象的で好きでした。
お互いのたどたどしい言葉と、緊張しまくりのオーラが出てる松ケンに、こういう男子、いるいる!!笑
言葉が通じないので、二人はどうにか心で会話してて、そこに微妙な間が生まれる。
その間が絶妙だった。出演シーンは少ないけど、観てる側に伝わってくる気持ちは大きかった。

最後の松ケンのセリフ「え?OK?」みたいな。これも面白かった。



できるだけ高校生の気持ちや感性を忘れずに持ちたい。
高校の制服はもう着れない大人だけど。



スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[邦画 青春]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/4-88b5f842
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。