映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
トイレット
今年の夏に、荻上直子監督の新作が公開されるということを、知りました。



「トイレット」

toilet_banner.jpg



タイトルも気になりますが、
公式ホームページに掲載されている言葉も気になりました。


カナダが舞台で、家族の話。
今回はどんなストーリーなんだろう、と楽しみです。
更に「西の魔女が死んだ」のサチ・パーカーさんも、
登場するということもあって、これは観に行きたい!と思いました。


<公式サイト>
http://www.cinemacafe.net/official/toilet-movie/

<シネマカフェ記事>
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2010/02/7648/



監督作品つながりで、「めがね」や「かもめ食堂」は、
美味しそうな食べ物や、美しい映像はもちろん素敵で、
さらに、日々の生活で、忘れてしまいがちな、
シンプルで、大切なことを、さらっと気づかせてくれる感じが好きです。

megane.jpgかもめ食堂



「バーバー吉野」は上記2作品とは違う感じがしましたが、
でも、不思議で、展開が読めず最後まで楽しめました。

バーバー
















スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[邦画 そのほか
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/47-79ecf4bb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。