FC2ブログ
映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
オーケストラ!
先週土曜日公開。メラニー・ロランが素敵でした。27歳 フランス人。

タイトル  : 「オーケストラ!」  2009年フランス
監督    : ラデュ・ミヘイレアニュ
キャスト  : アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン


オーケストラ!




ストーリーは、かつてロシア・ボリショイ交響楽団で天才指揮者と呼ばれた男は、
いまやさえない劇場清掃員。
ある日、劇場に届いた「出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探している」というFAXを目にした彼は、かつてのオーケストラ仲間を集め、ボリショイの代表としてパリを目指し、このコンサートに出場しようとする。


見終わった感想。


最初の始まりの音楽と指揮者の研ぎ澄まされた表情、タイトルの表れ方で
私はすでに、涙が出る前の、鼻がツンとする感じまでの高揚感を感じてしまった。

涙が出そうになったかと思えば、笑えるどたばたコメディあり、
そして、美女ソリストのメラニー・ロランの魅力に引き込まれます。ちょっとセクシー・・。



なぜ、この男はパリで「チャイコフスキーの協奏曲」を
演奏することにこだわるのか?

最後の約10分でそのすべてが分かりました。

途中のどたばたコメディが吹き飛ぶくらいの、熱い感情が
チャイコフスキー協奏曲に込められていて、
男の積年の思いが観客へ伝わってくる。

有り得ないようなストーリーだけれど、
でも、過去に実際あった出来事をモチーフにされているところが良かった。


結局私は、この映画の情熱、出演者、監督の伝えたいことが
ラスト10分で、音楽とともに波打つように伝わってくるので
涙が1粒ですが(苦笑)、ほろりと泣いてしまいました。


メラニー・ロランは、タランティー監督のイングロリアス・バスターズに
出演しているそうですが(見ていない)、本当に魅力的。
あどけないかと思えば、ぐっと大人っぽく、色っぽかったり。
この役はとても素敵でした。
演奏し終わった後の、言葉にならない表情。


印象的だったセリフ。(うる覚えですが)

弱気になっている主人公にある男が言うセリフ。

「お前、いいか?よく聞け。」
「夜には陽は昇らない。毎日毎日、朝に、陽は昇るんだ」


どんな日でも、必ず夜終わって、
朝に、陽が昇り、新しい一日が始まる。

印象的なセリフでした。

のだめカンタービレは観てないんですが、
のだめはご覧になった方どうでしょうか?

こちらもお勧めです。
スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[外国映画 ヒューマン]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/62-870061d4
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。