映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
ジャムと読んだ本
新しい生活で、ふと感じたこと。
私の家の朝食は、パンと和食を毎日わりと交互に食べます。
そこで、パンの時に、ジャムを結構利用するのですが、ジャムが困ります。

オーガニックで美味しいものを買おうと思うと高いし、
安いものは、食品添加物がたくさん入っててあんまり・・・。
(他のものもそうだけど)

そこで、来週末は、時間があれば、家で手作りジャム作りに挑戦したいです。
映画「西の魔女が死んだ」のおばあちゃんのようになれるかな。

西の魔女5

それと本の記録。

最近読んだ本

O・ヘンリ 「短編集一」

O・ヘンリー

全然、文体が私に合わず、面白くなかった。
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を更にくどくしたような
言い回しと、物語の展開がイマイチで世界に浸れませんでした。
途中で挫折。


トルストイ 「人生論」

人生論

重い。難しかった。起承転結の「起」と「結」だけ何とか理解できたような・・。
幸福と不幸の捉え方に共感できるところがあり、勇気付けられる。
昔、トルストイも悩んでたんだな・・・とうかがえる。

ミムラ 「ミムラの絵本日和」

絵本日記

癒される。ミムラ素敵。
ミムラのコメントが面白くって、懐かしの絵本を思い出す。
絵本好きなので楽しめる。

スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[映画以外のこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/64-de122d0a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。