FC2ブログ
映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
カイジ
松ケン出演作なのでチェック。
松ケンは、かっこよかったとはいえ、
映画内容は、正直あまり楽しめませんでした。ドラマの延長みたい?な気がしました。


タイトル  : 「カイジ」    2009年 日本
監督    : 佐藤東弥
キャスト  : 藤原竜也, 天海祐希, 香川照之, 山本太郎, 光石研,松山ケンイチ


カイジ




楽しめなかった理由は、
悪趣味な人たちが多く出てくるのが、
受け入れにくかったこと。
そして、
登場人物の心理描写が(負ける→這い上がる、仲間を思いやる、仲間を思って泣く)という
内容の単純さ?と、演技のオーバーにやりすぎな感じが、ちょっと違和感でした。


この映画から感じたことは、
「明日からやろう~。何もやらないでいつか成功する」
みたいな甘えは排除して、優柔不断はダメで、
すべきことを決めて、今、全力を尽くす、こと。

そこを感じたことが、鑑賞後の唯一良かった点。



GW、あと1本何か観たい。
スポンサーサイト
Posted by なお
comment:0   trackback:0
[邦画 そのほか]  thema:映画DVD - genre:映画
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/66-ace8542c
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。