映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
明日へのチケット
タイトル  : 「明日へのチケット」    2005年 イタリア・イギリス
監督    : エルマンノ・オルミ, アッバス・キアロスタミ, ケン・ローチ
キャスト  : カルロ・デッレ・ピアーネ, ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ, シルヴァーナ・デ・サンティス


tickets.jpg


オムニバス映画を久しぶりに観た。
観終わると、スッキリとしたさわやかな気分が味わえた。



「世界の車窓から」を観ているような、
のん気な気持ちで観始めましたが、物語が進むにつれ
深く考えさせられ、最後は意表をつかれ、
とても爽快な気持ちになるエンディングだった。


エンディングは、サッカーファンの男の子達が
駅を走り抜けるシーンなのですが、
ここの撮影のされ方がとても好きだった。


人間がすごく小さく、でもエネルギーに溢れている存在に
映し出されていたような感じがした。


具体的には、
若さや、自由や、希望など。
人間の良さも悪さもひっくるめて、
とても爽快な気持ちにさせてくれる感覚。


最近、知人が、良いことと悪いことは正反対にあるものではなく、
一緒に合わさっていると思う、と言っていた。

白黒つけづらい、と言うことだと思う。

サッカーファンの男の子たちの
シリアスに繰り広げられる会話を聞いて
その言葉を思い出した。

一番、悪そう~、と思っていた男の子が
一番勇気があった。
勇気を出そうかどうしようか迷っていた男の子たちも優しかった。

心の中には良い部分と悪い部分が常に混合しているから、
悪い、って決め付けたらだめだなぁ、と映画をみて反省気味。

ここがこの映画で一番、意外で、感激したところだった。


それと2話(アッバス・キアロスタミ監督)で
登場する男性の怒りを抑えた優しい表情や
時折見せる切ない表情が素敵だった。


スポンサーサイト
Posted by なお
comment:2   trackback:0
[外国映画 ヒューマン]  thema:私が観た映画&DVD - genre:映画
comment
監督が豪華でビックリ!
僕もこの映画観ました。
監督がすごく豪華な顔ぶれですよね。

とくにキアロスタミの話が好きですね~
そういえば彼も子供を撮らせたら上手い監督です。

「心の中には良い部分と悪い部分が常に混合しているから」
本当にそうですよね。
この映画を見るとそこに深く考えさせられますね^^

心を揺さぶるいい映画ですね。
2010/06/18 08:56 | | edit posted by lavel42
おはようございます!
おはようございます。
この映画、良いですよね。

以前、lavel42さんがブログでご紹介されていた、
キアロスタミ監督の「オリーブの林をぬけて」が
観たいんですけど、ネットでレンタルでは
取り扱いされてないようで、残念でした~。

そしてますます観たくなる一方・・・。

大きなレンタルショップに行けば
取り扱ってるかもですよね。

観ることができたら記事にしたいです。

2010/06/18 09:36 | | edit posted by なお
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/71-a1930da6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。