映画が伝えたかったことを想像する
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by なお
 
[スポンサー広告
ノルウェイの森
タイトル  : 「ノルウェイの森」    2010年日本
監督    : トラン・アン・ユン
キャスト  : 松山ケンイチ、菊池凜子、水原希子、玉山鉄二、高良健吾

ノルウェイ


『ノルウェイの森』、今日観てきました。
感想が一言で言い表せないのですが、不思議な映画。
原作を読んでて、がっかりする、っていう映画ではなかった。



音楽と、日本の1969年の雰囲気と草原の風景が良かったです。
なぜ不思議に感じたのか考えてみたら、
日本の情景がものすごい日本っぽかったりするんだけど、
なんだかエギゾチックだし、音楽がロックでめちゃかっこいいので
純粋な日本より無国籍な感じがしたらかも。
この独特の雰囲気は好きでした。
そして色んなキスシーンが魅力的だった。


そしてストーリーは、2時間にまとめるから大変なんだろうな、と思った。
原作の部分部分をはしょってるから、
原作を読んでない人はどこまで分かるんだろうな?とか
気になりながらみてしまいました。
逆に原作を読んでると、あー、こんな解釈なんだ、とか
意外とこの場面は明るいシーンなんだな、とか発見があって
面白かった。

直子とワタナベのシーンがいくつかあるんだけど、
痛々しいくらい切ない気持ちになった。
自分の経験と勝手にダブってしまい、
2人がもみ合うシーンはなんかすごい感情移入してみてられなかった。

菊池凜子は強烈に直子っぽかった・・・。


ワタナベは男性ならではの
鈍感さとか、無用心な発言とかが表現されていたし、
もがく感じが苦しそうで、小説より人間味を感じた。

幸せになろうとできない直子と、幸せになろうとする緑、
2人の女性が対照的だった。どっちも良さがあって、
でも緑みたいな生命力の強い女性に惹かれるのは自然かなと、やっぱり思う。




ちょっと残念だったのは、レイコさんとワタナベが
寝るシーンで、もっと直子を偲ぶ感じが演出されていたら
良かったのに~。今の映画のシーンだと、レイコさんが
自分のためにして、みたいになってるけど、
原作だとワタナベも、もっと直子を偲んでたから、
何となく2人の行為の意味が解った気がした。
それがちょっと残念でした。


でも村上春樹の小説って、多分答えが無いから、
そもそもこのレイコさんとワタナベの関係って
映画の解釈でも私の解釈でもいいのかもしれない。


直子やキズキの気持ちがわかるようなわからないような
もやもや感が残り、でも孤独に蝕まれないで生きるために、
幸せになろうと前向きな気持ちも感じ取れる
不思議な世界観でした。



ちなみに永沢の彼女のハツミさんが
かなりイメージ通りでびっくり。

松ケンの演技ももちろん良かった。







スポンサーサイト
Posted by なお
comment:5   trackback:0
[邦画 恋愛]  thema:映画感想 - genre:映画
comment
こんばんは。
僕も観ましたよ~この作品。
世界観は凄く表現されていて努力したなって
思ってるし役者さんも素晴らしい演技でした。
スタッフはみんな仕事をされている感じですよね。

だけど原作を読んでない人は少し理解が
難しいかもしれませんよね。

あ…去年少しずつですけど会話ができたことは
とてもうれしく思っています。

少しヘコんでいるときに言葉をかけてくださった時は
とても嬉しかったです。

なおさんも去年はお引越しで環境が目まぐるしく変わり
大変だったでしょうけど早く馴染めると良いですね。

この場を借りてお礼と感謝の言葉を…
昨年は有難うございます。そして今年もよろしくお願いします。
今年も良い映画に出会えると良いですね。
2011/01/01 01:01 | | edit posted by urbanarrows
ありがとうございます
コメントありがとうございます。
遅くなりすみません。

嬉しいコメントありがとうございます!

去年は色んな人のブログがある中で、
urbanarrowsさんと交流が出来るように
なったことは、私にとって、嬉しいことでした。

これからもurbanarrowsさんのブログで、素敵な感性の写真や
映画の感想を見に行けることを楽しみにしています。


今年もこちらこそよろしくお願いします♪
2011/01/07 15:02 | | edit posted by なお
今年もよろしくお願いします
お久しぶりです(^-^)

今年も色々な映画見れるといいですね~♪
ノルウェイの森、もう6回鑑賞しました(笑)
勿論原作も何度も読んでおります(笑)

映画を見るたびに見落としていた色んなシーンや何度も見て「あっ!」と思う事もたくさん発見して気がつけばレビューが恐ろしく長くなってしまって…(最後の方は少し失速しておりますが…また見たら変わってくる可能性ありですかね)

最初最後のレイコとワタナベのシーン、確かにあれ?と思ったりもしましたが何度も見てるとちゃんと原作の歌を歌ったお葬式もしていますし(でもとてもわかりずらいようになっております)あのワタナベの一言も6度目に見た時になんだかすーっと入ってきました。なんだか「なるほどね」と結局は原作の同意の元で性交するのと変わらないんだとわかりました。

そして「誰キス」との共通点も感じることができて改めて「誰キス」ってすごい作品だなと思ったりして(笑)

原作と映画との違いなども書いておりますので良ければ遊びに来てやってください。今年も素敵な作品に沢山巡り合えるといいですよ寝お互い。
2011/01/10 19:28 | | edit posted by K&R
こちらこそよろしくお願いします
今年もよろしくお願いします。
6回観られたんですね!!
私はまだ1回しか行けてないです・・・。
でも最低あと1回は観に行くつもりです!時間作りますっ。

何度も観ると確かに色んな発見がありそうですね。
この映画、原作の印象の強さのせいで、がっかりしたetcのレビューが多いのが残念ですね。
でも、俳優陣が素晴らしかったから、私は皆さん役が生きてた感じがしました。松ケンなんて、原作のワタナベと何ら違和感が
ないですよね。やっぱりすごいうまいなぁと思いました。
何度も観ると、その私が感じた「がっかり感」が消化され、納得していけるのかもしれないです。

そして、
「誰キス」との共通点ですか~。気になります。
掘り下げると面白そうですね。


K&Rさんの、深くて丁寧で、緻密な内容のブログ、
毎回とても楽しみにしています。
本当にありがとうございます。 
お世話になりっぱなしですが、今年もどうかよろしくお願いします。


2011/01/11 22:12 | | edit posted by なお
ミニシアターなら
なおさんこんにちは。

昨日「海炭市叙景」を見に行ってきましたがジャンルとしてはやはり「ノル森」などと共通というか見る人を選ぶ作品だとおもいましたし、なにより、小さい劇場に作品を見に来る人って基本的にその作品をどうしても見たいと思って来ているので気持ちもシネコンで大量消費される物とは違うと思うんですよね。ふと劇場で思ったんですよね。

だからそういう意味では「ノル森」も大型シネコンでというよりも本当に考え、求める人が見るべき作品じゃないかと思うんです。

もし次回見る時には最初の方に出る糸井さんのセリフを聞いてそれを思いながら作品をみると原作と映画の世界観がよりはっきり素直に入ってくると思います♪

今年も良い作品を見て自分の心にストックして行きましょう(^-^)
2011/01/12 16:42 | | edit posted by K&R
comment posting














 

trackback URL
http://naothankyou.blog108.fc2.com/tb.php/90-be32d67f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。